fc2ブログ

福八デイリ~「20数​年ぶりの我が母校!」

  • 2013/05/05(日) 20:09:09

■メーリングリスト:本日の2通目

こんばんは。福八ぷれぜんの福です(^-^)

GWで実家(島根)に帰省中、母校(J高校)に行ってきました。

GW前に、地元にいる同級生のRちゃんと電話。(Rちゃんとは幼稚園~最初の就職先まで一緒)
色々話しているうちに、高校の2~3年の時の担任であるK先生の話題に。

角刈りで、一見無愛想な先生でしたが、とにかく生徒思いで、みんなから慕われていた先生でした。
卒業してすぐに、友人たち6人で先生のお宅に泊まりに行ったことがありました。
当時、2人目のお子さんを妊娠中だった先生の奥様。とっても可愛い方で、大勢で押しかけたにもかかわらず、笑顔で迎えてくださいました。
影でこっそり、「なんでK先生の奥さんがこんな可愛い人なんだろう?」と失礼なことを行っていたものです(笑)

「今考えると、そんなこと普通はありえないよねー。」と言う思い出話になり、Rちゃんと、「K先生に会いたいなー。」と話していました。

K先生は、私たちが卒業してからもJ高校に随分長らくいらっしゃいましたが、
その後、転勤され、地元にいるRちゃんでさえ、今はどこの学校にいるか知らないとのことでした。

それが、GWに帰省し、高校の同級生と会ったのですが、そのうちの1人が、「K先生がこの4月から、教頭としてJ高校に戻って来ている」と言うのです。

しかし、このことを、その友人以外誰も知りませんでした。

本当??

半信半疑ながら、このことをRちゃんに会い話すと、「今すぐ会いに行こう!」とハイテンション!!

あまりのテンションの高さに、「ちょ、ちょ、待って。もしかしたら、間違いかも知れないし・・・」と言うも、Rちゃんの気は収まりそうもないので、とりあえず学校に電話をして聞いてみることにしました。

学校の代表電話番号を調べ、ダイヤル。

卒業生であることを告げ、「この4月からK先生が赴任されてきたと聞きましたが、本当でしょうか?」と。

すると、「はい。いらっしゃいますよ。お電話変わりましょうか?」とのこと。

心の準備が出来ていなかったのであたふた。
そうこうしているうちに、電話口から懐かしいK先生の声が聞こえてきました。

嬉しいことに、私のこともRちゃんのこともちゃんと覚えてくれていて、今から会いにおいで。と言ってくださいました。

手土産を持って、いざ母校へ。

20数年ぶりの母校&K先生。
K先生は、果たしてどんな風になっているのか??

ワクワク&ドキドキ。


[今日のいいこと]

職員&来客者用の入口へ行くと、K先生がいました!

当時30歳だった先生は、現在50歳オーバー。
頭のあたりが、ずいぶんと寂しくなられていました(苦笑)

ま、私たちも40歳ですもんね。
でも、顔は当時のまま。

久しぶりだというのに、一気に20数年前にタイムスリップしたような気がしました。

来客室に通され、お互いの近況を報告しあい、また、昔の思い出話に花が咲きました。


[今日のキヅキ]

J高校の教頭に着任してまだ1ヶ月のK先生。

教頭と言う立場から、この高校を盛り上げるべく、色々な計画を考えていらっしゃるようで・・・

昔も、その表情とは裏腹に、心に熱いものを秘められた、頼もしい先生は健在でした!

これがなんともワクワクする話で、聞いていて頼もしかったです。
卒業生として、色々と協力したくなりました。

と言うのも、我が母校であるJ高校。
現在、ちょっぴり厄介な問題を抱えているようで??

と言うことで、思い出話が一段落したあとは、これからのJ高校について考える討論会(作戦会議?)とあいなりました。

次回は、またそのお話でも。

スポンサーサイト