fc2ブログ

福八デイリ~「ギイド​ロとマレンカレン」

  • 2012/10/30(火) 20:09:09

■メーリングリスト:本日の2通目

こんばんは。福八ぷれぜんの福です(^-^)

最近、3冊ほど絵本を買いました。

ディスプレイラックに飾る用の絵本です。
なので、中身より、見た目重視です!(苦笑)

実は、たまたま入った文房具のアウトレット屋さんに売られていた絵本2冊に一目惚れ!
しかも、いずれも本来の価格は2000円もするのに、なんと315円なり。
古本ではなく、ちゃんとした新品です。

これを見つけたとたん、「そうだ!ディスプレイラックにお洒落な絵本を飾ろう!」と思ったのです。

以前は、その時に読んでいた雑誌を飾っていたのですが、雑誌は飾っているうちに表紙がだんだんめくれてきて美しくないんですよね。

絵本だと、表紙がガッシリしているし、いや~、いい買い物をした!と密かに喜んでいました。

しかし、飾るラック(棚の扉)は上下3個ずつの計6箇所。
あと4冊は何にしようかなぁ~と、しばらくamazonのサイトでお洒落な絵本がないものか連日探しておりました。

そして1冊気になる絵本を見つけたのですが、なんせamazonの小さい画像でしか分からないし、なにより2600円もするんです!


[今日のいいこと]

昨日、用事があって、とあるショッピングモールに行きました。
すると、その1階の特設コーナーで、本のアウトレット市をやっていました。
何気に覗いてみると・・・
なんと例の気になった絵本が売っているではありませんか!!
しかもアウトレット価格で1000円!!

実物は、さらに素敵♪
とは言え、ディスプレイ用なんで、中身もろくに見ずに買いました。
そして早速ラックに飾り、満足満足。

一夜明けた本日、何気にその本を取り、開いてみました。

タイトルは『ギイドロとマレンカレン』

ギイドロとマレンカレン

かなりカラフルな、奇妙な生き物が登場する絵本なのですが・・・実はこれ、布の端切れや新聞・広告などを貼り合わせて作られたもの。

そして、もちろん絵本ですから、ストーリーがちゃんとありました。

嫌われ者の悪魔のギイドロと、彼が恋をする優しい女の子マレンカレンの物語。
みんなの聞き役になって、ギイドロを始め、みんなの秘密をひたすら自分の中に溜め込む優しいマレンカレン。
ギイドロはそんなマレンカレンにヤキモチを焼きます。
みんなの話はいいから、自分の話をもっと聞いてくれ!!と。
マレンカレンは微笑むだけで、みんなの秘密をどんどんどんどん溜め込み、その頭はどんどんどんどん膨らみ、ついに破裂してマレンカレンは綺麗なかけらになります。

それを泣きながらかき集めるギイドロ。
大好きな彼女のために、彼女の大好きだった花をたくさん飾ってあげよう!と思います。

が、そこで気づきます。

「でもあの娘(こ) なんの花が好きだっけ・・・?」

なんと言うシュールなお話でしょう。
綺麗な端切れで作られているので、カラフルでキラキラしてて見ているだけで楽しい絵本です。
でも、お話に込められたメッセージは、意外とシニカルな感じ。


[今日のキヅキ]

侮れないですね、絵本!

スポンサーサイト