fc2ブログ

福八デイリ~「IKEAとは生き方」

  • 2012/10/28(日) 20:09:08

■メーリングリスト:本日の1通目

「IKEAとは生き方」

こんばんは。福八ぷれぜんの八です(^-^)

IKEAの商品で、わたしがもう1つ気になっていたことが
照明の暗さです

ヨーロッパのホテルなどに行くと感じますが、
暗いですよね。

IKEAで照明器具を買っても暗いんだろうなぁ。。と思いながら見に行ってみたところ、
やっぱり暗かったです。

ikea-hana.jpg



[今日のいいこと]

暗いので、
メインの照明器具のほかにいくつか、
小さな照明器具が置かれています


大抵はLED電球を使っているので、
7年持つことを想定しています。
(ちなみに換えの電球は999円で売っていました。)

狭い部屋に何個も照明を設置するのってどうなんだろう?
うーん…「やっぱりダメかなぁ」

そう思いながらショールームを回っていたのですが。
次第に慣れてきました。

慣れてくると、ふと、あることに気が付き始めました。

暗い照明器具を使うことによって、逆に、
灯りを楽しんでいる・・・?


例えば1つの照明器具の価格がドカン!と高く、
使用電力量も多い場合は、たくさんの照明を置く気持ちにはなれません。

けれど、IKEAの照明器具は特大サイズでも1万円ほど。
和紙を使った和風の照明器具は、提灯か?と思わせる1000円程度。

ikea-washi.jpg


初期費用はかかりますが、
省エネ電球や省エネLED電球を使えば、
例えば年間3850円かかっていた電気代は550円となり80%オフ

CO2排出量も、六本の木が一年間で吸収できる分量分削減できます。

太陽光のみを電源とし
1台売れるとIKEAからもう1台、
電気を使えない地域の子供にプレゼントするという勉強机用の照明もありました。

狭くてもクリップ止めで必要な場所に灯りを燈すことのできる器具もそろっています。

暗さにも慣れてみるというか。

家中、部屋全部を明るくしなければ豊かじゃない、というイメージは、
両親の時代のものだったのかなぁ


[今日のキヅキ]

クリスマスシーズン向けに楽しい照明器具も置いてありました。

ikea-christmas.jpg


こういった季節ものに限らず、
どの商品もIKEAで買ったものはリサイクルしてもらえるようになっています。

谷崎潤一郎が書いた「陰翳礼讃」て本があったな、と思い出しました。

夜は夜のもの、という生き方も悪くないのかもなぁ。

暗ければ少しずつ灯りを足していけばいいのかもしれないし

わたしは、何をあわてて、
引っ越しと同時にすべて完成させなけりゃ~、と思い込んでいたんだろう。

ゆっくり考えて、時には作ってみて、
やっぱり要らなければ返して、
暗ければ足して。


そうやって、いとしの我が家を造っていけばいいんだなぁ、と思ったのでした。

IKEAに行って、
最近の私たちが感じているような、
「お金持ちになりたいわけではないけど、もっと豊かにはなりたいな」みたいなことって、
こんなことでもあるのかなぁ、
なんて考えました。