fc2ブログ

福八デイリ~「スピッツ友達」

  • 2011/12/01(木) 20:09:09

■メーリングリスト:本日の2通目

こんばんは。福八ぷれぜんの福です(^-^)

朝、出勤前に、ふと、先日届いていた喪中ハガキが棚の上にそのままになっていることに気づきました。
どうやら目を通すのを忘れていたようです。

手にすると・・・

愕然としました。
スピッツ友達の訃報でした。

私は15年来のスピッツファンですが、独身時代は追っかけもどきをしていました。
ちょうどインターネットが普及しだした頃で、自分でもスピッツの私設ホームページを立ち上げて、全国のスピッツ友達を増やし、所謂オフ会もしょっちゅうやっていました。

そん中知りあったHさん。
実は、福岡に住む70過ぎのおばあさんでした。
スピッツのボーカルのマサムネさんが福岡出身と言うことで、ゆかりの地をめぐると言う「マサムネ・ツアー」なるものを敢行し、何人かのスピッツ友達と一緒に福岡に旅行に行きました。
そこで、初対面にもかかわらず、お家に泊めてくださったのがHさんでした。

色んなお話をしました。
マサムネさんのことが本当に大好きで、まるで少女のようにキラキラした表情でマサムネさんの話をするんです!!

Hさんは旦那さんを亡くされ、独り暮らしとなってからの1年間、毎日泣いて過ごし、家にも篭りがちになっていたのだそうです。
そんなある日、偶然ラジオから流れてきた曲。
それを耳にした途端、嘘みたいに涙がピタリと止まったんだそうです。
その曲は、当時ヒットしていたスピッツの『涙がキラリ☆』でした。

スピッツのことをまったく知らなかったHさんは、すぐにお孫さんに連絡して聞いたそうです。
そして、CDを買ってきてもらい、大ファンになったとのこと。

お家に泊めていただいた翌朝、めざまし時計の代わりにコンポからスピッツの歌が流れてきました。
70過ぎで、コンポのウェイクアップタイマーを使いこなすHさん!!
素敵過ぎます。

実際にお会いしたのは、数回程度。
でも、毎年手書きの年賀状をくださり、たまにお手紙もくださいました。
行かれたスピッツのコンサートの感想が、色ペンでハートや星のマークを交えて書かれている、可愛らしいお手紙でした。

今年のお正月も、年賀状をくださいました。
10年くらいお会いしていませんが、未だに私のことを懐かしく思っていて下さっていることが書かれていました。

亡くなったのは、今年の3月とのこと。86歳でした。

もっとお手紙を出せばよかった。
電話をすればよかった。

ゴメンナサイ。

そして、素敵な思い出を、ありがとうございました!!

スポンサーサイト